チャールズ・ウェスレー
生誕 300年記念
(共催 関西学院大学神学部)
 チャールズ・ウェスレー(1707〜1788)は、兄ジョン都と共に、英国信仰復興運動の先頭にあって、
初代メシジストを導いてきました。メシジストの霊的指導者である以上に、チャールズはその賛美歌を
もって多大な霊的遺産をキリスト教会に残しました。生涯にわたって作られた詩・賛美歌は9000を超え
ると言われていますが、その中で有名な賛美歌は、今なお世界中の教会で歌われ続けています。
 メソジストを「歌う教会」としてきたチャールズの神学・霊性・生涯を、その生誕300年に共に研鑽した
いと願い、今年、日本ウェスレー・メソジスト学会は、関西学院大学進学部と共催で研究会を開きます。
多くの方々のご来場をお待ちしています。                         学会会長 田添禧雄
日時 2007年9月10-11日
場所 関西学院大学 (関西学院会館)
9月10日(月) 公開研究会

  −参加費 1,000円 −
  (於 関西学院会館 ベーツチャペル)
受付 13:00〜
チャールズの賛美を共に歌う 13:30〜15:00
  • 説教     木ノ脇悦郎 (関西学院大学神学部長)
  • 司会・指揮  水野隆一  (関西学院大学神学部教授)
  • 合唱     関西学院聖歌隊
シンポジウム 15:15〜17:50
  • 岩本助成 (前大阪キリスト教短期大学学長)
  • 北村宗次 (元日本基督教団 神戸栄光教会牧師)
  • 深町正信 (青山学院院長)
  • 山内一郎 (関西学院理事長)
    (五十音順)
レセプション 10:00〜20:00
  −参加費 4,000円 −
   学会員以外の方も歓迎です。事務局に申し込みを。
   宿泊もお尋ねください。
9月11日(火) 学会

  (於 関西学院会館 翼の間)
総会 9:30〜10:00
研究発表 10:00〜11:45
  • 馬淵 彰 (日本大学助教授)
          「詩人チャールズ」

  • 趙 永哲 (在日大韓基督教会大阪北部教会牧師)
          「初期小グループ運動におけるメソジストの霊性」

  • 山本美紀 (大阪キリスト教短期大学講師)
           「現代に生きるメソジストと音楽/世界宣教の視点から」




■ 第9回研究会関西事務局
  〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町 1-20-6 重富勝巳

■ 学会事務局
  〒213-0001 川崎市高津区溝口 4-3-18 学会書記 藤本 満

| トップへサイトマップお問い合わせ