ウェスレーおよびメソジストに関係のある図書の紹介コーナーです。
   『歴史 わたしたちは今どこに立つのか』 
当学会員の藤本満氏の著書
シリーズわたしたちと宗教改革の第1巻が2017年6月に出版されました。

宗教改革500年にあたって日本キリスト教団出版局が企画した「わたしたちと宗教改革」
シリーズの第1巻です。
詳細はこちら
   『聖書はさらに物語る 一年12回で聖書を読む本』
当学会員の大頭眞一氏の著書
『聖書は物語る 一年12回で聖書を読む本』が2015年2月に出版されました。

ロダールの考え方を用いて明野キリスト教会が行っている伝道の試み「一年12回で
聖書を読む会」の二年生用のテキストが本になった「聖書は物語る」の続編です。
詳細はこちら
   『聖書は物語る 一年12回で聖書を読む本』
当学会員の大頭眞一氏の著書
『聖書は物語る 一年12回で聖書を読む本』が2013年11月に出版されました。

ロダールの考え方を用いて明野キリスト教会が行っている伝道の試み「一年12回で
聖書を読む会」のテキストが本になったものです。
詳細はこちら
   『ウェスレーの聖餐論』 電子書籍(Kindle版)
当学会員の坂本誠氏の著書
『ウェスレーの聖餐論』がアマゾンから電子書籍で出版されました。 1,200円

電子書籍リーダー(タブレット)やスマートフォンから購読できます。
(Kindle Cloud Readerを使えばパソコンのブラウザで読むことができます)
アマゾンHPはこちら
   『はじめてのウェスレー』 ウィリアム・J・エイブラハム著
当学会書記の藤本満氏が訳した、ウェスレー入門書として
最適の書が2013年6月に出版されました。

2013年9月9日開催の当学会第15回総会・研究会および、
2013年8月26、27日開催の「更新伝道会」大会の会場でもご購入いただけます。
詳細はこちら
   『キリスト者の完全』 電子書籍(Kindle版)
当学会書記 藤本 満氏の著書
『キリスト者の完全』がアマゾンから電子書籍で出版されました。 900円
電子書籍リーダー(タブレット)やスマートフォンから購読できます。
(Kindle Cloud Readerを使えばパソコンのブラウザで読むことができます)

これ以外にも、
・藤本満 著 『乱気流を飛ぶ−旧約聖書ダニエルから』 500円
・デニス・キンロー師の『エマオの道で』を4分冊にして1冊300円で出版済みです。
 是非ご覧になってください。
アマゾンHPはこちら
   『神の物語』 マイケル・ロダール著
神の物語 会員 大頭 眞一氏の訳書
オートン・ワイレーの『キリスト教神学概論』以来となるウェスアン神学概論の
翻訳です。
2011年10月 日本聖化協力会 出版委員会から出版されました。
詳細はこちら
   『女性宣教師の日本探訪記』
女性宣教師の日本探訪記 会員 齊藤 元子氏の著書
『女性宣教師の日本探訪記−明治期における米国メソジスト教会の海外伝道』
2009年8月 新教出版社から出版されました。
詳細はこちら
   『ウェスレーの聖餐論』
ウェスレーの聖餐論 会員 坂本 誠氏の著書
『ウェスレーの聖餐論 −宣教のわざとしての聖餐』
2009年4月 教文館から出版されました。
詳細はこちら
   『ウェスレーの救済論』
ウェスレーの救済論 会員 清水光雄氏の著書
『ウェスレーの救済論 −西方と東方キリスト教思想の統合』
2002年3月 教文館から出版されました。
詳細はこちら>
   『ウェスレーの神学思想』
ウェスレーの神学思想 会員 野村 誠氏の著書
『ウェスレーの神学思想 −18世紀英国民衆とメスジズム』
1998年7月 白順社から出版されました。
詳細はこちら
   『ウェスレーの神学』
ウェスレーの神学 会員 藤本 満氏の著書
『ウェスレーの神学』
1990年10月 福音文書刊行会から出版されました。
<詳細はこちら

| トップへサイトマップお問い合わせ